楽しいお仕事生活をおくろう

休日

インドア?アウトドア?男一人、楽な休日の過ごし方を考える

休日やることがない。 切実な悩みだ。

男が一人で休日にすることはたった2つにわけることができる。

エロいことと、エロくないことである。

しかしながら、既婚者ともなると昼間からパートナーを差し置いて 不埒な行為におよぶべくもなく、必然的にエロくもないことにまじめに向き合う必要がある。

ただ、悲しむべきことに世の男性の9割はエロいこと以外にやることを見つける能がないため、 ここはひとつ私が一肌脱いで、できるだけハードルを下げた休日の男の過ごし方を考えてやろうというのである。

過ごし方を考えるうえで大事なこと

・特別なスキルを必要としない
気楽に始めるのにハードルが低いに越したことはない。

・高い導入費がかからない
懐具合がさみしくなる一方のサラリーマンに、金をだす余裕などない

・遠くへは行かない
暗くなる前におうちに帰る必要がある

・田舎でもできる
男の休日に田舎も都会もない

アウトドアな休日の過ごし方

・その辺の山や丘に登る

とにかくてっぺん目指してどこか高いところへ登ろう。 馬鹿と煙は高いところが好きというが、わかりやすいゴールがあるというのは大事なことだ。 「ここまで行ったらおわり」という区切りが目に見えているのでやる気もでやすいし、達成感も得られる。 長時間の有酸素運動で身体にも良い。

挫折続きの人生をお送りのあなたにぜひ。

その辺の山に登る例:
太郎山(長野県上田市)登山のススメ。「20分で登れる」は本当なのか?
ちょっと本格的に上る:
【検証】おっさんが一人で登山しても楽しいのか?

・自転車に乗ってどこかへ行く

なにも自転車で遠くまで行く必要はない。
普段とは違うスピードで、風を切って走るのは本当に気持ちが良い。 その辺の道を走って、のろのろ歩いている歩行者たちを追い越していくだけで、なんとも言えない優越感にひたれる。 自転車を買うという初期費用がかかるけれど、ママチャリでもなんでもよいのでホームセンターで買ってこよう。

自転車でどこかへ出かける例:
【検証】サイクリングはインドア系サラリーマンの趣味足りえるか。

近所を散歩する

散歩をするというと「年寄りか!」と思われがちだが、実はたいへん有益な行為なのだ。 いろいろ思い悩んでいたけど、散歩をしたら良いアイディアが浮かんできた、なんて経験はないだろうか?

かのスティーブジョブズも、考えをまとめるためによく長距離の散歩をしていたそうだ。 また、スタンフォード大学が行った実験によると、創造的な思考を巡らせるのに、ただ座っているより散歩をしている方がプラスになるとの実験結果も出ている。
クリエイティブなことを考えるのに散歩は効果的だということだ。

金もかからず健康的で、しかもクリエイティブになれるなんて、こんなコストパフォーマンスがよい暇つぶしが他にあるだろうか?(いや、ない。)

地元の観光地をめぐる

遠くの観光地へ行くのだけが旅行ではない。 自分の地元に、意外と行ったことがない観光地があるだろう。

そういった「地元すぎて訪れたことがなかった名所」に行ってみるのもおもしろい。 それか、一度行ったことがあっても改めて訪れるのも良いものだ。 子供のころにはわからなかったその場所の良さが、今ならわかるかもしれない。

地元の観光地をめぐる例:
地元民が行く、上田市別所線の全駅観光の旅!【前編】

高い建物に登って下界を見おろす

どこでもいいので、高い建物や高い場所に登ろう。 高いところから下界を見おろすと、街や人がせせこましく生活している様子を眺めることができる。 これが大変おもしろい。

神の視点から世の中を見おろしていると、 私もこのなかのほんの1ピースにすぎないのだなぁとしみじみ感じられ、 自分の悩みなんて、ささいなことなんだと実感できる。

仕事のスレレスにお悩みのあなたに。

インドアな休日の過ごし方

ネットサーフィンする

最近はネットで時間をつぶすとなると動画を見ることも多いが、 無料で読めるネットメディアにもおもしろい記事を提供してくれているところがたくさんある。

知的なやつ

WIRED
https://wired.jp/
生活、カルチャー、ビジネスといった切り口から様々なテクノロジーを紹介してくれるwebメディア(雑誌もあるよ)。 スマホなどの身近な話題から、宇宙や未来についての壮大な話まで。

Pen Online
https://www.pen-online.jp/
雑誌「Pen」のwebメディア。写真がどれも美しく、流し見しているだけでも楽しい。

カラパイア
http://karapaia.com/
動物から自然、超常現象までの海外のオカルティックな記事を紹介するまとめサイト。

ライフハッカー[日本版]
https://www.lifehacker.jp/
名前の通り、生活をよりよくするための情報を紹介しているメディア。 情報は浅めだが、そのぶん読みやすい。

知的じゃないやつ

ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~
https://w.atwiki.jp/gcmatome/
レトロゲームから最新ゲームまで、無数のゲームの紹介と評価を行っているwiki。 思い出のあのゲームがどんな評価をされているのか、覗いてみては? 当時は知らなかった新しい発見があるかも。

オモコロ あたまゆるゆるインターネット
https://omocoro.jp/
くだらないことを検証したり、くだらない企画をたてたり、総じてくだらないサイトだが、 サイトコンセプトどおり頭をゆるゆるにして見れるメディアサイト。

虚構新聞
https://kyoko-np.net/
掲載されている記事がすべて真っ赤なウソ。 「ありそうでない」絶妙なラインのニュースが楽しめる。世相を反映したものが多く、まれに皮肉がきいた秀逸な記事も。

家の掃除をする

部屋がきれいにすることで精神的にもすっきりするほか、お手軽に達成感をえられるため たいしたことをせずに充実感を得られる。実は非常にコスパの良い暇つぶしだ。

そのうえ、さりげなくやれば妻の評価も上がる。調子に乗って毎週やっているといつの間にか自分の仕事になってしまうので注意が必要だ。

瞑想をする

さまざまな著名人が実践していることで話題となった「瞑想」。 心を静め、思考を落ち着かせリラックスしよう。
瞑想のやり方はいろいろあるので、自分にあったやり方をみつけよう。休日だけでなく、仕事の休憩時間などにもおススメだ。

青空文庫を読む

https://www.aozora.gr.jp/
ここで好きな本を選んで読んで、どうぞ。

その他

左手だけを鍛える

みなさんの利き腕は右手だろうか?左手だろうか? 多くの人が右手だと思う。

ところで、利き手の右手に比べて左手は貧弱だと思わないか?

世のなかシンメトリ―の方が美しいというのが主流な中、自分の体がアシンメトリーなのは耐え難い。 そんなあなたには、左手を鍛えることをおススメしたい。

関連:
【実践】右手に比べて左手が貧弱すぎる問題をどうにかしたい

たまの休日、楽に過ごそう

SNSを見ると、さまざまな充実した休日の様子がアップされている。 確かにアクティブに新しいことにチャレンジするのは大事なことかもしれない。 ただ、周りに引きずられて無理して休日を過ごした結果、疲れてしまっては本末転倒。 自分に合った休日の過ごし方を見つけてほしい。

サラリーマン田中 ↓↓良い子の読者諸君 応援してね↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

もうダメだ.comって なんだ?

常に成長を求められる厳しい世のなかで、もっと楽しいお仕事生活を送るべく、試行錯誤をしていく様子をお届けするサイトである。

田中
このサイトを運営する30代サラリーマン。怠け者で口癖は「めんどくさい」。


実在する人物。一応掲載内容については、許可を得ている・・・つもり。

フォローしてどうでもいい
情報を受け取ろう

もっと詳しく