前山寺-くるみおはぎは絶対食べろ!"涼"を感じる信州上田 塩田平の旅

恐れ多くも信州の鎌倉を自称する長野県上田市塩田平周辺の旅路録。
真夏の日差しが照り付ける中、塩田平の古寺「前山寺」のくるみおはぎを食べて、暑さ和らぐ"涼"に出会った。

塩田城を抜け、あじさい小道を抜けると前山寺だった

目次

前山寺のくるみおはぎ

偶然前山寺にたどり着く

あとから知ったことだが、上田市塩田平にある前山寺のくるみおはぎは割と有名らしく、 ネットで調べるとけっこうなレビューが。

私の場合、さまよい歩いた結果偶然前山寺にたどり着いたのはラッキーであった。

サラリーマン田中 仕事ができる男は、運も良いのである。

参道入口

IMG_1593.JPG

ここが参道の入口。近くに駐車場がある。 普通の人はここから来ましょうね。

IMG_1598.JPG

近くにいた猫。
人馴れしているようで近づいてもまったく逃げる気配はないが、 表情からはまったく人間への媚を感じさせない漢の中の漢(メスかも)。

山門

IMG_1592.JPG

さあ、立派な山門が見えてきたぞ。
ちなみに山門脇にも駐車場があるので、体力がない人は参道をショートカットできる。

IMG_1620.JPG

門をくぐってすぐ右手が受付である。入山料200円を納め、いざ境内へ。

境内~そして、くるみおはぎへ

IMG_1612.JPG

りっぱなかやぶき屋根の本堂でお参りを済ませたあとに、私の目に飛び込んできたのは・・・

IMG_1614.JPG

くるみおはぎの看板。
もち米好きの私の足は、自然と境内の奥へ誘いこまれていく。

受付で女性に声をかけると、奥のお座敷に案内してくれた。(※本来は要予約)

IMG_1615.JPG
くるみおはぎのご接待 750円

しばらくすると、女性がお盆に乗ったおはぎを持ってきてくれた。 想像していたものより随分立派で、自然と背筋が伸びる。

普通はくるみダレがおはぎの上にかかっているが、前山寺のくるみおはぎはくるみダレの上に おはぎが置いてあるのがなんとも新鮮だ。ちなみにおはぎの上にのっているのはキュウリである(多分)。

サラリーマン田中 わりとお餅寄りのおはぎで、大きさの割に食べ応えがある。

至福のおはぎタイム

IMG_1616.JPG

ひっそりと静かな部屋で、爽やかな風が通り抜けていく。
縁側の外に広がる風景を眺めながらおはぎを食べていると、徐々に汗も引いていった。

一緒にいただいた熱い緑茶が逆に心地よい。
付け合わせの梅のシソ巻きも程よいアクセントだ。

サラリーマン田中 静謐な空間の中で、思わず私も詩人になる。

※注意 今回はご厚意と偶然により、突然の訪問にも関わらずおはぎをいただけたが、 本来は予約が必要である。読者諸君はきちんと事前に連絡して確認しよう。もしかしたら汗だくでたたずむおっさんを見かねたのかもしれない
くるみおはぎのご接待-前山寺HP

おまけ:一応三重の塔も

IMG_1609.JPG

帰り際に境内にある三重の塔も見学。
国の重要文化財に指定されおり、小さいころ社会見学で来た記憶があるが今回は花より団子である。

総評

思いがけず出会った真夏のオアシス。
前山寺には他では味わえない"涼"と"甘味"があった。

旅の中の一服の清涼剤として、訪れてみてはいかがだろうか?

アクセス・駐車場

住所長野県上田市前山300
googleマップで見る
駐車場あり
HP獨股山 前山寺(公式サイト)

サラリーマン田中 ↓↓良い子の読者諸君 応援してね↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

関連記事

上に戻る