ツルヤオリジナル商品が、ウマイかマズイか判定していく

2018年7月15日 更新

長野県最強スーパーといえば、みなさんご存知の ツルヤである。
普段利用しているとわかるが、このスーパー、やけに食品のオリジナル商品が充実している。

果たしてウマイのか?マズイのか?これまで食べた商品を淡々と判定していこう。

サラリーマン田中 ちなみに私の舌は非常におおざっぱなので、ウマイかマズイかだけで判別してくぞ。

オニオンチーズグラタンスープ

ツルヤオリジナル オニオンチーズグラタンスープ

うまい

手作り家庭の味といった感じ。大味なインスタント食品とは比較にならないだろう。税抜き198円(2018年7月現在)とコストパフォーマンスも良いが、もうちょっとだけ量が多いと満足できる。

果汁50% 信州コンコード

img_juice.jpg

普通

炭酸入りぶどうジュースである。意外にもそこまで甘くなく、あっさりした飲み心地である。
妻いわく

icon_wife 体に良いファンタグレープ

とのこと。さすがにファンタグレープよりはぶどうの味がしっかりしており、私はノンアルコールスパークリングワインに近いと思う。 何れにしても上品な炭酸ジュースである。

濃縮還元果汁100%混濁 信州りんご

ツルヤオリジナル 信州りんご スパークリングジュース

うまい

上の信州コンコードより、断然うまい。濃縮還元とはいえ100%は伊達ではなく、濃厚な炭酸りんごジュースを楽しめる。

信州ヨーグルト はちみつ入り

信州ヨーグルト はちみつ入り

ウマイ

ツルヤオリジナルNo.1のヒット商品である(ウチで)。
はちみつ入りで程よい甘み。私はプレーンヨーグルト派だが、これなら美味しく食べられる。 何もかけなくても良し、ジャムやソースをかけても良し。

フルーツソース ラズベリー

フルーツソース ラズベリー

普通

ツルヤオリジナルでは、ジャムやフルーツソースが充実している。その中でも割と定番に近い商品であるが、 ちょっと甘過ぎである。もうちょっと酸味がほしいところだ。
定番のフルーツソースの他にもリンゴバターや巨峰ジャムといった変わり種もある。 あんまり美味しくないが面白いので是非一度他食べてみると良い。

まるごと ふじりんごゼリー

まるごと ふじりんごゼリー

普通

これはねぇ、絶対気になっている人が多いはずですよ!でも買うほどでもない!と。 味はすごく普通のりんごゼリーだ。中のリンゴは意外なことにシャキシャキでそこそこウマイ。
その辺に100円で売っている缶詰みたいなフルーツゼリーより核は上だな!
ただ、とにかく食べづらい!文字通り丸ごとリンゴ入れやがって!どうしろってんだ!スプーンで無理やりえぐり取りながら食べたけどさあ! もうちょっとどうにかしろ!

まるごと ブルーベリーゼリー

まるごと ブルーベリーゼリー

普通

わりと濃いめでブルーベリーブルーベリーしているゼリーだ。りんごゼリーに比べてインパクトが足りないが、 その分食べやすさは上昇している。
ブルーベリーをそのまま食べるよりはうまいな。

牛乳あんドーナッツ

牛乳あんドーナッツ

ウマイ

ヘビーな見た目に対して、意外とあっさりしていて食べやすいのでヒョイヒョイ食べることができる。
写真を撮る前に勢い余って半分くらい食べてしまったが、実際はもっと入ってるから!

やわらかドライフルーツ 輪切りブラッドオレンジ

やわらかドライフルーツ 輪切りブラッドオレンジ

普通

ブラッドオレンジのドライフルーツは珍しいと思い買ってみたぞ! ほのかな酸味と苦みが大人の味わいを醸し出しているな!
ただ、ちょっと砂糖がつき過ぎで、 ドライフルーツというかレモンの砂糖漬けのほうがイメージが近いと思うぞ!

やわらかひとくちドライフルーツ シナノスイート

やわらかひとくちドライフルーツ シナノスイート

マズイ

リンゴはドライフルーツに向かないと気付かせてくれる商品だな。
砂糖でコーティングされている感じで甘すぎるし、微妙に残るリンゴの歯ごたえも中途半端だ。 よく見るとパッケージに半生製法って書いてあるな。
長野県民ならリンゴはそのまま食え。

ビーフカレー

ビーフカレー

マズイ

独特のフルーティーさ(?)が強く、食べ進めるほど嫌になってくる。
ただし、化学調味料不使用というところは高く評価したい。

よくやった!エライ!
もうちょっとクセが無くなれば、ご飯作るのが面倒なときの選択肢に加えても良い感じである。

気がつけばそこにツルヤオリジナル

さて、ここまで「普通」という無難な評価が多いツルヤオリジナルであるが、ここで紹介したのはほんの一部である。 まだまだ気になる商品はたくさんあるので、今後も食べるたびに情報を追記していこうと思う。

地方の一スーパーが、ここまで頑張ってオリジナル商品を出しているのをみると応援したくなるのが人情である。 これからの益々のツルヤの発展をご祈念いたしまして、本記事の〆とさせていただきます。

サラリーマン田中 Fin

上に戻る