男の一人称、おっさんはどうすれば良いのか問題

諸君らは、自分のことを話すとき一人称はどうしているだろうか?
選択肢が多すぎる一人称のうち、おっさんは何を選択すべきかを考えてみたい。

「わたし」「ぼく」「オレ」「わし」「わっち」「拙者」

日本語の多様性のおかげで、無数の一人称が存在し、それぞれがTPOや自分の性質に合った一人称を使用していることであろう。

私のように確固たる自分という者が無い人間は、巷にあふれる一人称のうちどれを使えば良いか分からず自我崩壊を起こしかねないということである。

迷走!私一人称とその変遷

一人称「オレ」

使用場面:昔の友人と会った時

多くの男性が使っているであろう一人称であるが、私もご多分にもれず気がつけば自分のことを「オレ」というようになっていた。高校生くらいまでは割とアウトロー的な雰囲気を醸し出していた(つもり)だったので、昔の友人と会った時などはこの一人称を使用する。私がまだ自信に満ち溢れていた頃の名残である。

一人称「ボク」

使用場面:妻に持論を振りかざすとき

「オレ」と人気を二分する一人称であるが、公の場でも許されている感があるため汎用性が高いと思われる。

小中高で、自分をどのポジションに置いていたかで、「オレ」を選択するか「ボク」を選択するかが決まってくるのではないか。前述の通りアウトローを気取っていた私は、どことなく正統派に感じる「ボク」は選択しなかった。

妻とマジメな話をしたいんだけど、

・「オレ」だと何となく高圧的な感じがする
・なんか気恥ずかしい

との理由からかなり限定的な場面での使用にとどまっている。

一人称「私」

使用場面:いろいろ

私の一人称アイデンティティー崩壊のきっかけになった唾棄すべき一人称。
新卒で入った会社で、社会人として「私」以外ありえないという教育を徹底されたため、一時期公私問わず一人称がすべて「私」になる事態に陥った。私にとって「私」は労働者としての刻印である。

一人称「おいら」

使用場面:妻といるとき

「私」という堅苦しい一人称を使い過ぎた反動で発現した、いわば最も気が緩んでる時の一人称。
今や妻にも伝染し、二人しておいらおいら言っている怪しげな夫婦である。

さて、以上のように多様な一人称を使い分けているわけであるが、どれか一つをメインに据えておかないと、ここのところ消耗激しい私の精神状態ではそれぞれに人格が生じてしまいそうな仙水忍状態である。

どれを使うか考察

メジャー度で決める

さてやはりここは民主主義に則り、多数派の意見に従うというのがもっとも無難な選択ではないだろうか。
ということで、大雑把にグーグル検索の検索件数で判断してみよう。

「ぼく OR ボク OR 僕」

img_name_01.gif

検索結果:2億7500万件

さすが!日本を代表する一人称だけあって貫禄の検索件数である。

「おれ OR オレ OR 俺」

img_name_02.gif

検索結果:3億2600万件

意外にも「僕」を上回る件数に。日本にはカッコつけたがりのアウトロー野郎が多いのだろうか。

「おいら OR オイラ」

img_name_03.gif

検索結果:693万件

うん。まあそうだろうな。公の場で使っている人間なんて、某掲示板の元管理人くらいしか知らないしな。

「わたし OR 私 OR ワタシ」

img_name_04.gif

検索結果:10億5000万件

女性も使用する「私」が多いのは自明の理である。
私はなんて無駄な検証を・・・・。

長いものに巻かれる

日本で一番金を持っている=一番影響力が大きい人間に倣うのはどうだろうか?
日本で一番資産を持っているのは、皆さんご存知の通り、ソフトバンクの孫正義である。

彼のツイッターを見てみよう。

img_name_05.jpg

「私」って言ってる!
公の場の発言なので当然と言えば当然だろうか。

ううむ、なかなか決め手に欠ける。

いっそ占いで決める

困った時の神頼み。字画で占ってみることにする。

苗字は田中として・・・

田中 僕

img_name_06.jpg

占い結果:「吉」

田中 俺

img_name_07.jpg

占い結果:「凶」

田中 おいら

img_name_08.gif

占い結果:「吉」

田中 私

img_name_09.jpg

占い結果:「大吉」

「私」が大吉かよ・・・。

結局一人称は「私」を使えということか。

厳正なる調査の末、結局「私」という一人称を使えという天命が下ってしまった。

さきほど、「唾棄すべき」などと言ってしまったが、私の労働者人生はまだまだ続きそうである。

トホホ。

サラリーマン田中 ↓↓良い子の読者諸君 応援してね↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

関連記事

上に戻る