ようこそゴミ共

おっさんが幸せになれる情報を求めて試行錯誤するウェブメディアです。

懐かし

小学生の頃の日記が発掘された。どうやら私はクソガキだったらしい。

img_20170123_07.jpg

みなさんは小学生の頃どんな子どもだっただろうか? 私の小学生時代は、なんとなく自分は勉強ができ、素直で良い子と根拠もなく思い込んでいた。
そんな思い込みがなんの根拠も無い幻想で、むしろ正反対のクソガキだったことが明らかとなった。

実家の母の手によって、私の「過去の日記」が発見されたのである。

今回は思い出に浸りつつ、日記を通して私が小学生時代どんな子どもだったのか読み解いてみようと思う。

サラリーマン田中 発覚する数々の衝撃の事実。

表紙から薫る!ダメ人間ぷり!

サラリーマン田中 これが問題の日記だ。
小学5年生の頃だから2017年現在から考えてちょうど20年前になる。

img_01.jpg

サラリーマン田中 まず注目したいのがこの表紙である。

img_02.jpg

サラリーマン田中 「記」も塗れよ!!!

サラリーマン田中 なんで「日」だけなんだ!
仮に、白黒で塗り分けたかったならわかるが、なんかちょっと塗ってあるから違うよね!?

サラリーマン田中 どれだけ飽きっぽいのか・・・。
こんな中途半端な表紙の日記帳を使用していたなんて信じられん。汚らわしい。

恐ろしい事実その①
小学生の私はとんでもなく飽きっぽかった。

サラリーマン田中 ・・・

サラリーマン田中 気を取り直して中を見てみよう。
か、肝心なのは中身だから。

どんだけ面倒くさがりなんだ!使えよ!消しゴム!

サラリーマン田中 さてこれが記念すべき1ページ目・・ん?

img_03.jpg

img_04.jpg

サラリーマン田中 あのさあ!間違えたんなら消そうよ!! ねえ!!もう11歳なんだからさ!!

サラリーマン田中 おかげでこの日が23日なのか24日なのか判別がつかないではないか。

サラリーマン田中 当時の私は消しゴムが嫌いだったのか?
ここ以外も間違えた場所に消しゴムで消すということをせず、「{」で文章を挿入してごまかしている。

img_05.jpg

img_06.jpg

サラリーマン田中 なんと気持ちの悪い日記であろうか。
本当にこれが私なのか?日記を書くときは別の人が担当していたのだろうか?

恐ろしい事実その②
小学生の私はとんでもなく面倒くさがりだった

表現がいちいち小賢しい

img_07.jpg

タイトル『交流会』
今日は、上田市(※)じゅうの児童館の交流会だった。とは言ってもただ遊ぶだけだけだ。まずパターゴルフをやった。
~中略~
その後鬼ごっこなどをやって遊んだが、家についてから気付いた、今日やったのは、交流会ではなかった。
ふだん遊んでいる友達とやった、遊びだということを。

サラリーマン田中 言いたいことはわかる。

サラリーマン田中 わかる、が、最後の倒置法はさ~、それ必要?

サラリーマン田中 この日記には随所にわたりこういった必要性のない小賢しい表現がちりばめられており
見る者の神経を少しずつ逆なでしていくのである。

恐ろしい事実その③
小学生の私は大変小賢しいやつだった

そしてお約束の下ネタ

img_08.jpg

タイトル『大きな○○〇』
学校の帰りに○○君と歩いていると、
「あ、でかい。」
と○○君が言うので、辺りを見回すと、おおきなうんこが橋の近くにしてあり、そこには無数のハエがいた。
数えてみたがよくわからなかった。
ぼくと○○君は、大きなうんこに石を当てて遊んだ。ぼくは、あんなうんこもあるのかと思った。
ぼくは通学路のと中でよくうんこを見かけるけどあんな大きなうんこを見たのは初めてだ。

サラリーマン田中 まあ、小学生はうんこが大好きだからな。 嬉しくってつい日記に書いちゃったんだな。

サラリーマン田中 そしてそれに対する先生のコメントがこれである。

img_09.jpg

恐ろしい事実その④
先生もうんこは好き

まとめ

サラリーマン田中 一通り読み返してわかったのは、当時の私は

飽きっぽくて面倒くさがりで小賢しく、うんこが好きなクソガキだったという事実だった。

面倒くさがりで小賢しく、うんこが好きというのは今も変わっていないのが非常に悔やまれる。

おまけ

先生のリクエストにお答えして書いたうんこのイラスト

img_10.jpg

関連記事

最強から最弱まで~心に残るウルトラマンの怪獣10選。

懐かし

歴代ポケモンシリーズ、ストーリーでマジでお世話になったポケモンを評価する【後編】

懐かし

上に戻る