ようこそゴミ共

おっさんが幸せになれる情報を求めて試行錯誤するウェブメディアです。

懐かし

あのサイトは今・・・。青春時代よく見ていたサイトを訪問してみた。

img_20160605.jpg

あれから10年。 スマホの登場ですっかり変わったインターネットの世界で、当時よくみていたサイトはどうなっているのだろうか?
昔と今の変化から現代の世相を占ってみる。

10年前と現在。あのサイトは今どのようになっているか

痛いニュース

2ちゃんねるまとめサイト老舗中の老舗。アーカイブを見ると2005年12月から存在していた。
サイト名のとおり2チャンネルのニュース系の話題をまとめていた。URLのdqnplusがサイト内容を物語っている。

img_01.jpg

サラリーマン田中 スタンダードなブログで、余計な広告も少なめで非常に見やすかった。

img_02.jpg

まとめるスレの内容は相変わらず。

サイトの見た目もあまり変わらないように見える・・・が。

明らかに広告欄が増えている! 「2ちゃんまとめ=アフィリエイトの権化」というイメージが強いが、ここもその流れを受けているのか。
ちょっと残念だ。

サラリーマン田中 ただこの後紹介するサイトに比べるとはるかにましなレベルだ。

ニュー速クオリティ

こちらも老舗のまとめサイト。名前にニュー速(ニュース速報)とあるが、ニュースに限らずvip系(面白ネタや雑談)も多くまとめられていた。

img_03.jpg

サラリーマン田中 ここも広告なんてほとんどなく非常に見やすかった。
メニューの「みくしい」に時代を感じる。

img_04.jpg

サラリーマン田中 どこのエロサイトだ!

サラリーマン田中 こんなサイトにリンク張って私のサイトがGoogleにペナルティ食らわないか心配なレベルだ!

広告とエロ記事の嵐である。アフィリエイトサイトの申し子となってしまった。 あの頃のニュー速クオリティはもうないんだよ・・・。

うっかり変な広告をクリックして変なサイトに飛ばされても私は責任をとれないのでよろしく頼む。

秒刊SUNDAY

ネット上から節操なく面白ネタを集めて紹介していたサイト。
管理人自身が体当たり的なネタをやったりと、今のユーチューバーの先駆けといっても良いのではないか。

いまよりもっと個人情報の流出が恐れられていた時代に顔出しで「やってみた」系の記事を書いていたのは素直にすごいと思う。

img_05.jpg

「このサイトについて」を見ると 「FLASHの製作・紹介を行うサイトです。」とあるが当時すでにその面影はあまりない。

サラリーマン田中 ネタ50連発が懐かしい。今だとありきたりだが当時はこんなことをやる頭のおかしい人(褒めてる)は非常にマレだった。

img_06.jpg

やってみた系のネタや炎上ネタなどうまく時流に乗ってます感がでている。

サラリーマン田中外部ライターまで募集し事業として成り立ってる雰囲気なのがなんだか腹立つ。

俺的ニュースの盛り

こちらも秒刊サンデーのようにネットの面白ネタをまとめていたサイト。

img_07.jpg

サラリーマン田中 秒刊サンデーに比べこちらのほうが大人しめな印象だった。私はこっちのほうが好きでよく見ていたのを覚えてる。

img_08.jpg //oreteki.org/

サラリーマン田中 現在は残念ながら閉鎖してしまったようだ。
残念だ。

サラリーマン田中 このほかにも面白ネタを扱っていた個人運営のブログは結構あったが軒並み閉鎖してしまったようだ。
へへ、私も歳をとったてことか。

アサメグラフ

専用のBBSに投稿されたパロディ漫画やイラストを掲載しているサイト。母体に朝目新聞というアニメや漫画のニュースを掲載しているサイトがある。

img_09.jpg

どうやら途中でサイトが移転したらしく2012年からのデータしかなかった。まあ、どうせほとんど外見は変わらないだろうからいいか。

サラリーマン田中 数多くのパロディ漫画が掲載されており暇つぶしには最高だった。

img_10.jpg

サラリーマン田中ほらね!ほとんど昔と変わらない!
トップのイラストが艦これだったりとそこそこ最近っぽさが出ている。きちんと更新はされているようだ。

サラリーマン田中 pixiv(ピクシブ)の登場で、ネット上でのお絵かき文化はすっかり企業主導に移ってしまいさみしい限りだが、こういう老舗で細々とでも続いているのを見るとちょっとうれしい。

番外編

ぷりんてぃん

かつて一世をフウビした伝説のサイト。その目的は一切不明だが、一度見たら忘れられないその強烈な内容に、当時のネット住民は心を奪われた。

img_11.jpg

img_12.jpg

サラリーマン田中 すごい!ラインスタンプに手を出してる!

サラリーマン田中 サイトデザインは相変わらずなのに、やっていることが進化しているのが恐ろしい!
構成も流行りの縦長のウェブサイトだ。

まとめ

サラリーマン田中 いかがだっただろうか。昔を振り返って、なつかしぃ~!というより、現在のもろに金儲けが全面に出ている様子を見て私はげんなりしている。

手作り感ばりばりのサイトをのほほんと運営する時代は終わった。
大手資本によるマーケティングの嵐が吹き荒れ、個人アフィリエイターたちが食い扶持を得るためにしのぎを削る春秋戦国時代真っ只中である。

イーストブルーでドン・クリークやアーロンなどの雑魚を相手にしていた時代はとうに過ぎ、今は「ロギア系以外カス」みたいな厳しい時代なのである。

サラリーマン田中 もうインターネットに私の居場所はないのだろうか。

今回は「InternetArchive」というサイトを利用し過去のサイトを見てみた。
みんなも昔みていた懐かしのあのサイトを 見て微妙な気持ちになってみると良い。

関連記事

2015年~2016年 クソサイトのトレンドはこれだ!

趣味

2ちゃんねるのスレタイに学ぶ「ブログ記事のタイトル」の考え方

趣味

サザエさんから学ぶ穏やかで面白い記事作り

将来

より穏やかなネットライフを!凡人による凡人のためのメディアが欲しい。

将来

上に戻る